Get Firefox
RECOMMEND
みんな大好き塊魂
みんな大好き塊魂 (JUGEMレビュー »)

王子ダッシュをしすぎると
空中を漂うばかりで
王様に怒られます。
Google 検索

 
Web koubai.jugem.jp
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

キサラギブログ

認知症介護職として日々思う事+好きな事について
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
自分にできること
私がデイでやっている事は主に

認知症の利用者さんが穏やかで楽しく過ごせるようサポートする事。

そこに私である意味は無い。
ただ介護職員が足りなくなった時に別部署で人が余っていた。
介護職として頭数を埋めるのに私を使うのが丁度良かった。

ちょっと話はそれますが
男性利用者さんで
「どうして自分は此処にいるのか分からないんだ」
と言う人がいました。
ほんの少しだけ共感できる。
自分と同じ気持ちの人がいると親しみがわいた、
すこし歪んだ感情だけどね。

デイのレク等で「明日のちぎり絵の原案は何が良いか」考えたり
利用者さんのそばに居て不安な気持ちを受け止めるのは、
楽しいし、やりがいもあって続けていけると思う。
けれど実際このまま、ここで専門職として成長はできない。

本音は自分自身もっとキャパを広げたい。
パソコンやEXCELのスキルを上げても
デイでは何の意味も無い。
PCスキルを上げれば他の職員と開きができる。

今の主任さんも利用者全体を見守るのは私がいるから
俺は連絡帳を書いてれば良いや。ぐらいに思ってるんだろう。
ただ馴染みの職員が入れ替わると
認知症利用者さんには何かしらの影響はあるかもしれない。

利用者さんの家族からも以前、
「紅梅さんが話しかけてくれる時が一番
うちのおばあちゃんの反応があるんですよ。ありがとう。」
と感謝の言葉をいただいた事があって
それを裏切ってまで自分の事を優先する気にはなりにくい。
少なくとも、その家族には必要とされてるのが分かる。

必要とされてるのは、とてもありがたいです。
ただ自分に求められる事と、自分にできる事、
それと自分がやりたい事のバランスを上手にとりたい。

| 価値観 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
今一番恐い事
何かを間違えそうになった時に、
私を止めてくれる人は誰もいないんじゃないか?
と思うと不安でたまらない。

もうすぐ、デイに実習生が来るから言葉遣いを改めはじめたけど
こないだ主任さんをみていて気づきました。
ある女性利用者さんに「○○○、お茶はどうですか?」と声をかけてました。
○○○は、私が言い始めた、その人ピッタリの呼び方。

そんな状況を実習生が見たら、それで良しなんて思われるかもしれない。

他にも、私の口癖がパートさん等に広まってて
このままじゃ自分を注意してくれる人はいないのかもしれない。
誰かに叱ってもらわないと間違いに気づけないのは嫌だけど
誰かに影響を与えてるかもしれないと思ったら
何かをするのが恐くなった。

ちょっと支離滅裂になってきた。
ブログやってる時点で、これを読む側の相手がいるんだから
そんな事を恐かったらブログ続けていけないよね。
| 価値観 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
第一期卒業生として
今日、専門学校の担任だった先生がデイに来てくれました。
卒業してから何年も年経つのに、今でも気にしてくれるのは
やっぱり嬉しい気持ちでいっぱいになる。

そこからは2人がうちのデイに就職したんだけど
先生曰く「一期生で同じ所に勤め続けてるのは、あなた達くらいよ。」だそう。
そんなものなのか。

今は私が通ってた当時よりも生徒数が4倍近くに増えたみたい。
ただそれだけ増えると在校生の実習受け入れ先の確保が大変らしい。
そのうち、ここにも実習生が来たりするのかも。

実習生が来ると大変だけど、初心に戻る良いきっかけになるよね。

先生が言ってた
「勉強はできなくても良いの、ここで自分にできる事をやれば良いのよ。」
今の私は、専門で習った事を活かせる職種ではないけれど
自分にできる事を日々努力し
足りない介護技術の知識を勉強するだけです。
| 価値観 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
傾聴ボランティアと心の健康
地域の方たちで作られているボランティアグループがある
年齢構成は50代から70代くらいまで

昨日、来てくれたボラさんが
「なんだかテレビを見に来たみたいで
何のお役にも立てなくて申し訳ないわ」
と恐縮してた。

職員が食事介助・トイレ介助に追われ
利用者さんが、心穏やかに落ち着いて座っていてもらえるよう
話し相手をしてもらえるのが、ボラさんに最もお願いしたい事と
説明しても、やっぱりいまいち納得してもらえないのが残念。

ボランティアの方たちは、やっぱり
「アクティブな活動」こそが大事なのかしら?

昨日は、そのボランティアさんのおかげで
不安感から辛辣な暴言を連呼する利用者さんが
笑顔で半日過ごす事ができました。どうもありがとう。

ブログでお礼を言っても仕方がないなw。
| 価値観 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
拒否される仕事
今日テレビで今どきのギャル2人が介護施設で3泊4日するって企画を放送していた。

その女の子が「お年寄りに感謝される」って言っていたのが、すごく印象的でした。
それ聞いて最初に頭に浮かんだのは
 必ず感謝されるわけではないんだよ。
いきなり、殴られる・噛まれる・怒鳴られる・・等々の介護拒否。
認知症高齢者の介護をしていると介護拒否はセットみたいな感じがするけど・・

介護に無縁の人のイメージが少し分かったような気がしました。

| 価値観 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(1) |
SPONSORED LINKS